2019年12月10日火曜日

ライオン像

3Dモデル作成練習の一環として野外像のモデルを作りました。

野外ライオン像 2
撮影場所:ルーマニアペレシュ城
撮影月日:2019.10.28
3Dモデル写真測量ソフト 3DF Zephyr で生成 v4.523 processing 59 images

撮影写真の1例

最初ライオン像だけの3Dモデルをつくったのですが、背の視線が届かない部分が丸見えになり、格好がつかないので周辺地物も入れてみました。

ライオン背の視線が届かない部分の不都合とその隠蔽

海外で特段興味があるわけでもない対象物についてわざわざ3Dモデル作成練習をするのもばからしいことです。
近隣博物館の野外展示物にも興味のあるものが多く、それらの3Dモデル作成練習をしたいと思います。
加曽利貝塚博物館の復元縄文住居とか、飛ノ台史跡公園博物館の炉穴とかの3Dモデル作成にチャレンジすることにします。

2019年11月27日水曜日

ダイソー「WORLD ATLAS 世界地図」入手

100円ショップダイソーで「WORLD ATLAS 世界地図」(税別100円)を入手しました。

ダイソー「WORLD ATLAS 世界地図」表裏表紙
A4判 延べ34ページ

ある海外旅行で添乗員の方から強く推薦していただいたものです。
どこに旅行するにしても使えるとても有益な世界地図で、かつ税別100円です。

地図ページ例

各国便覧例

毎年新しい情報に更新されているので、年間100円で常に最新版を携帯できます。
海外ではwebにありつけないことも多いですから、薄い紙版でかつ大判(見開きA3)の世界地図があると便利です。
本格的地図帳は重く扱いづらいものが多い中、その逆に身軽で、情報更改が頻繁で、100円のカラー世界地図にほれ込みました。
テレビの前において場所の確認を気軽にして、旅行には持参することにします。
愛着があり、かつ紙版の世界地図帳としては、この大創出版「WORLD ATLAS 世界地図」が私にとって3代目になります。
……………………………………………………………………
私の1代目世界地図帳

The World Atlas second edition moscow 1967
47年程前にソ連書籍輸入専門店から購入した巨大図書です。ソ連革命50周年記念作品で、おそらく世界の地図帳で最高峰のカラー印刷物だと思います。前書きにレーニン肖像ロゴが出ていて、その過ぎ去った時代を感じることができる図書です。
ブログ花見川流域を歩く番外編2017.08.03記事「The World Atlas second edition moscow 1967」参照

私の2代目世界地図帳

OXFORD ATLAS OF THE WORLD 23版
Google earthのInternational Space Stationストリートビューの画面の片隅でみつけて、さっそくAmazonで取り寄せたものです。「宇宙飛行士も利用している」ことから、親しみが持てる地図帳です。
ブログ花見川流域を歩く番外編2017.07.27記事「International Space Stationストリートビュー後日談」参照

2019年11月25日月曜日

イワノボ岩窟教会群の小岩窟

ブルガリアのイワノボ岩窟教会群の一つの小岩窟の3Dモデルを作成しました。前を通り過ぎた時に撮影したたった9枚の写真から作成した3Dモデルですが、岩窟の奥行きが分かりやすく表現されています。

イワノボ岩窟教会群の小岩窟
撮影場所:イワノボ岩窟教会群(ブルガリア)
撮影月日:2019.10.27
3Dモデル写真測量ソフト 3DF Zephyr で生成 v4.519 processing 9 images

撮影写真例

場所
Google earth画面から引用

近くのメイン岩窟「聖テオドル教会」の天井壁画

……………………………………………………………………
参考 カメラ配置

2019年11月8日金曜日

首里城3D復元プロジェクト

今朝アウトルックを開くとSketchfabからのメールがありました。昨日のアップロード関連かとおもいましたが、開くと首里城に関するものでした。募金かと思いきや、メインは焼失首里城3D復元プロジェクトに関するものでた。

Sketchfabからのメール
このメールから首里城3D復元プロジェクトに飛びました。

サイト「みんなの首里城デジタル復元プロジェクト
趣旨は多くの人々がこれまでに撮った首里城写真を沢山(おそらく数万枚規模程度までをイメージしているように感じられる)提供してもらい、首里城の細部まで詳しく3Dモデル化するプロジェクトです。詳しい3Dモデルを作成することによって焼失文化財を復元し、風景のなかで思い出を共有するというプロジェクトです。

感想
・災害等により失われた文化財の復元の方法として、一般人が過去に撮った無数の写真を提供してもらい3Dモデル化することがあることを初めて知りました。
・3Dモデルに興味のあるものとして、この方法は災害にたいして支援し、寄り添うことができる一つの技術的方法であると感じました。

2019年11月1日金曜日

トラキア人の古墳

丸天井壁画の3Dモデル作成にチャレンジしてみました。
トラキア人の古墳の丸天井壁画(レプリカ)を19枚撮影して3DF Zephyr Liteで処理したところ思いがけないレベルできれいなモデルとなりました。

トラキア人の古墳 丸天井の壁画(レプリカ)
紀元前4世紀末頃ブルガリア中部カザンラクの古墳で、ヘレニズム文化が花咲いていた時期です。
日本でいえば縄文時代が終焉して弥生時代が始まった頃です。

優美な馬

墓に埋葬された男女が手を取り合っている姿

古墳の構造
冊子「Meglena Parvin THE KAZANLAK TOMB」から引用

1944年に兵士が防空壕を掘っていた時偶然発見され、男女の遺骨が発見されたそうです。ただし盗掘にあっていたようです。
いつかこの古墳や壁画についてより詳しく学習して人類歴史の見聞を深めたいと思います。

……………………………………………………………………
カメラ配置図

2019年10月11日金曜日

月の3Dモデル Thomas Flynn氏作品引用


NASA CGI Moon Kit

NASA CGI Moon Kit
Thomas Flynn氏のSketchfabサイトから引用

NASAサイトの次のページ情報からThomas Flynn氏が作成した月の3Dモデルです。
CGI Moon Kit

同様の地球3Dモデルをつくりたいと(入手したいと)常々希望していますので、参考までに引用紹介しました。

2019年8月27日火曜日

アマゾン火災

アマゾン火災のニュースが連日テレビを騒がしていますが、NASAサイトに掲載された火災分布地図があまりにも衝撃的ですので紹介します。

2019年8月15〜22日にTerraおよびAqua MODISによって観測されたブラジルでのアクティブな火災検出
NASAサイト記事Uptick in Amazon Fire Activity in 2019から引用
解説
「オレンジ色で示されている火災の位置は、VIIRSが取得した夜間画像に重なっています。これらのデータでは、都市と町は白く表示されます。森林地帯は黒く見えます。熱帯のサバンナと森林地帯(ブラジルではセラードとして知られています)は灰色に見えます。ブラジルのパラ州とアマゾナス州での火災検知は、高速道路BR-163とBR-230に沿ったバンドに集中していることに注意してください。」同上引用

アマゾン流域では毎年7月-10月が自然火災と人口火災が増加する季節ですが今年は特段に火災が多いことが次の統計で示されています。

2012年1月1日-2019年8月21日 ブラジルのアマゾンを構成する7州の火災件数累積曲線
NASAサイト記事Uptick in Amazon Fire Activity in 2019から引用

2012年1月1日-2019年8月21日 ブラジルのアマゾンを構成する7州の火災放射電力累積曲線
NASAサイト記事Uptick in Amazon Fire Activity in 2019から引用

2019年8月19日
NASAサイト記事Uptick in Amazon Fire Activity in 2019から引用
解説
「2019年8月19日、NASAのTerra衛星のMODIS機器は、ブラジルのパラ州のNovo Progresso付近で燃えている火を示す自然色の画像(ページ上部)をキャプチャしました。町は、南アマゾンの農民とサンタレンのアマゾン川の外航港とを結ぶ南北の高速道路BR-163に沿って位置しています。牧草地と農地は、高速道路の周囲に整然とした長方形の区画で集まっています。高速道路の西側では、曲がりくねった道路が一連の小規模な鉱山をつないでおり、それらは熱帯雨林の奥深くまで延びています。」同上引用

この記事では今年の火災が特に激しい理由として開発の影響が大きいことを指摘しています。アマゾンの幹線道路沿いに拡大しつづける開発地が一斉に火災に見舞われているという様相のようです。